入れ歯が割れてしまったら

割れてしまった入れ歯をそのまま使っていると口の中を傷つけたり、支えている歯に無理がかかって腫れや痛みが出ることがあります。割れた欠片を捨てずに集めて、なるべく早く歯科医院で修理してもらってください。

樹脂の部分が割れたのであれば、全て作り直さなくても接着修理できることがあります。また、金属の部分が折れてしまった場合でも、その部分だけの修理が可能なこともあります。ご相談ください。

ご自分で瞬間接着剤などを使い修理することはお勧めしません。きちんとした修理をするときに、かえって妨げになる場合があります。

歯ブラシの動かし方

一本の歯の中でも、虫歯になりやすい場所というのがあります。前歯の先端や奥歯の山のてっぺんが虫歯になることも皆無とは言いませんが、やはり歯と歯の間や歯茎と歯の境目、奥歯の溝の中など凹んだ部分が虫歯になりやすいです。

その原因の一つとして、歯磨きのストロークが大きすぎることがあります。歯ブラシを大きく動かして磨くと一見効率がよさそうですが、出っ張った部分だけを磨いて凹んだ部分に毛先が届いていないことが多いのです。

いくら頑張って磨いても、毛先が飛び越してしまって当たっていない部分は洗えません。だから、数ミリ程度のストロークで小さく動かしながら凹んだ部分に毛先が自然と入り込むように磨くと効率的です。

洗面台に入れ歯を落としてしまいました

入れ歯の患者さんにときどき起こるトラブルとして、入れ歯を洗っているときに洗面台に落として入れ歯を割ってしまう、あるいは小さめの入れ歯を落として排水溝から流してしまう、というものがあります。

入れ歯は一日何回も外して洗っていただきたいので、長い間には落としてしまうこともあるでしょう。予防策として、洗面台に少し水を張っていただいたりタオルを置いてから洗うとこのようなトラブルを避けることができます。

少々面倒ではありますが、よろしければ参考になさってください。

え!? また歯を抜くのですか?

歯科医の間では歯を抜くことを「抜歯(ばっし)」といいます。これはご存知の方も多いと思います。

ところで、歯を抜いたりして口の中に傷ができた場合、希に糸で縫うことがあります。数日後にその糸を抜く場合、普通に言うなら「抜糸(ばっし)」です。しかしそうなると抜歯か抜糸か発音が同じで紛らわしいので、我々は抜糸を「ばついと」と呼ぶことも多いのです。

さて、縫った糸を抜くときはその一部をピンセットでつまんでハサミで切って抜くのですが、糸を切るハサミを「抜糸剪刀(ばっしせんとう)」または略して「抜糸剪(ばっしせん)」といいます。歯を抜いて傷口を縫い、数日後に糸を抜こうとして歯科助手さんに「抜糸剪刀(ばっしせんとう)をください」と言うと患者さんが「えっ、このあいだ抜いたのにまた抜歯ですか!?」。

いえいえ違います。うーん、業界用語だから慣れちゃっているけど、「ばついとバサミ」、「糸切りバサミ」とか言い換えた方がいいのかなぁ。悩みます。

差し歯

患者さんから受ける質問に、「この歯は差し歯ですか?」とか「この歯は、いずれ差し歯になるのですか?」というものがあります。でもこの「差し歯」という言葉、なかなか難しいのです。

同じものを指していても、一般の方々が使う言葉と歯科医が使う言葉が違うことは珍しくありません。でも、例えば「入れ歯」といわれれば義歯のことだな、とか、「銀の被せもの」といわれればFMCのことだろうな、などとおおよその想像はつきます。

ですが、「差し歯」はその人によって指し示すものが違うのです。

「差し歯」をいちばん厳密に定義するなら狭義の歯冠継続歯、根だけが残っている歯に差し込むピンと作り物の歯を一体構造として製作して歯に取り付けたもの、ということになるでしょう。もう少し範囲を広げるなら、先にピンだけを差して下部構造を作り、その上に歯の形の被せものを後で取り付けた場合も含まれるかもしれません。

でも、完全に被せてしまってある歯のどこまで元々の自分の歯だったのかとか、根の中にピンを打ち込んであるのかなんて、我々歯科医でも自分で作っていない限りレントゲンを撮らないとわかりません。ですのでピンを使っていない被せものも含めて全て「差し歯」と呼ぶ患者さんもおられて、そうなると「差していない差し歯」ということになって、わけがわからなくなってきます。
まあ細かいことばかり言っていても仕方がないのでその場の流れで判断していくのですが、返答に困ってしまう場合もあります。