静岡の道

12月にしては暖かい休日、駿河湾を遠望しながら清水区の山間部を原付で走っていました。

ミカン畑を縫う細道に「落石注意」の看板が有ったので路面に注意しながらカーブを曲がると、路面には落石ではなく点々と落ちミカンが…。

踏んで滑ると危ないので避けながら走りましたが、何というか静岡ならではのツーリングになりました。

朝の風景

診療以外の細かい仕事が溜まっていたので、いつもより1時間ほど早く出勤しました。通勤路の風景や行きかう人々の様子も普段と違って、寒かったけどちょっと新鮮でした。

冬の足音

出勤途中、ある居酒屋さんの店先に小さなテーブルが出ていて厚手のマフラーと帽子が置いてありました。仕込みのため出勤した従業員さんが置いたのか、お客さんの忘れ物なのかわかりませんが、とても暖かそうなマフラーと帽子でした。

もう、冬ですね。

青空

朝、診療所に行く途中に空を見上げたら、雲一つない快晴でした。少しだけ欠けた月が、青空の中に薄く浮かんでいました。

もうすぐ冬ですね。