悩み多き人生

原付専用の駐輪場にうちのバイク2号を停めようとしたら、管理員のおじいさんが声をかけてきました。

「大きいバイクだねぇ、これ。」
「あ、でもこれ原付なんですよ。ナンバーを確認していただければ…」
「いや、そりゃあどうでもいいんだけどさ。」
(…どうでもいいのか?)

「ほら、あれだ。大きいバイクだといろいろ大変じゃない?」
「はあ…。」
「だからさ、これ50万円ぐらいするだろ?」
「いえいえ、これは新車で20万しないんですよ。」
「そぉかねぇ!そりゃあ(と、しげしげとバイク2号を眺める)。まあ、それはそれでいろいろ大変だわな。なぁ。」
「はあ…。」
「ま、あんたも頑張ってな。じゃあな。」

…。おじいさん、バイクが好きなんですね。それはともかく、いったい私は何を頑張ればいいんだろう。(悩)